2006年07月30日

深酒・喫煙・睡眠不足は本当に髪に悪いのか?

1日1回こちらをクッリック!あなたに雪崩のごとく良き事が起こりますように!!

深酒・喫煙・睡眠不足は本当に髪に悪いのか?

飲酒、喫煙、睡眠不足が髪に悪影響を及ぼすといわれています。


実は、本当らしいのです!


飲酒そのものが髪に悪影響というわけではないのですが、深酒で体の機能が低下すれば、髪も元気がなくなります。

また生活習慣の上でも、お酒を飲むと食事の質がおろそかになったり、酔って帰って髪も洗わずそのまま寝てしまい、昼間の整髪剤やホコリを頭皮に残したままということにもなるので要注意です。

タバコはそのニコチンが自律神経を刺激し、血管を収縮させます。すなわち頭皮の血行が悪くなる。

よって、タバコは髪には悪影響です。体に悪いことは髪にだって悪いのです。


もちろん睡眠不足も同じことです。

特に髪の栄養を取り込んでいる毛根部分が弱まるので毛が抜けやすくなります。

睡眠不足が続けば、健康な髪もパサついたり、ツヤを失ったり不潔な印象になります。

そうなると、色々なケアをしていても、「あの人汚い」の一言であっさり片づけられてしまうので、努力が報いられるためにも睡眠不足撃退は不可欠なことでしょう。


男の悩みドットネット










[PR]
東京都歯科医院検索サイト
posted by becks at 06:00| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。