2006年07月24日

育毛剤の正体とはなんぞや!

1日1回こちらをクッリック!あなたに雪崩のごとく良き事が起こりますように!!

育毛剤とは?

育毛剤とは、その名のとうり毛を育てると書きます。
毛を増やすことです。


代表的な育毛剤の成分

副腎皮質ホルモン剤

数十種類あり、主に消炎作用、坑アレルギー作用がある為、円形脱毛症やさまざまな皮膚炎に使用されます。


塩化カルプロニウム

もともとは胃の活動を促進し胃下垂を治療する薬品として使われていました。これを頭皮に塗布すると真皮内の自律神経が刺激され、毛細血管が拡張し血流が促進し、毛乳頭や毛母細胞の働きが活性化し発毛が促されます。


カプサイシン

唐辛子をエタノールで抽出した物質で、血管を拡張し血流を促進させたり、エネルギー代謝を高め毛根へ栄養成分が有効に届くように作用したりします。


ジアルキルモノアミン

主に頭皮の新陳代謝を高めます。ペンタデカン酸グリセリドは直接毛母細胞に働きかける為、男性型脱毛に効果があるといわれています。


ミノキシジル

ミノキシジルは血管を拡張し血圧を降下させるので、元は血圧降下剤として使用されていました。これを育毛剤として使ったところ、毛細血管の血流を促進し毛母細胞を活性化することがわかり、育毛剤として使用されるようになりました。



育毛剤の種類

1.毛母細胞の働きを鈍くする男性ホルモンの働きを抑制するもの
→ 男性型脱毛症に効果が期待されます。

2.頭皮の血液循環を良くし、毛乳頭への栄養補給を多くすることで毛髪の成長を促すもの
→ 男性型脱毛症・円形脱毛症に効果が期待されます。

3.糖分・ビタミンなどの栄養分を補給し、毛母細胞に直接働きかけ活性化させるもの
→ 男性型脱毛症に効果が期待されます。

4.過剰な皮脂の分泌を抑制するもの
→ ひこう性脱毛症に効果が期待されます。











[PR]
東京都歯科医院検索サイト
自動車・車関連ショップ
posted by becks at 06:03| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。