2006年07月23日

自毛植毛についての仕組み

1日1回こちらをクッリック!あなたに雪崩のごとく良き事が起こりますように!!

自毛植毛とは?
自毛植毛とは施術を受けられる方ご自身の毛髪細胞を採取し、脱毛してしまった部分に移植することです。男性型脱毛症の方でも、後頭部の毛髪細胞は前頭部に比べ毒素に対する抵抗力は強く、そちらを移植することで毛髪は生えつづけます。メンテナンスも不必要ですので、将来的な心配もありません。


自毛植毛のメリット

1. 怪我や火傷による脱毛、男性ホルモン型の脱毛に有効
2. カツラや増毛、人工毛植毛と違い、自分の髪の毛なので、メンテナンスフリー
3. 技術が高いクリニックは(フォーキュラーユニット法)生え際に1本毛、その上部や頭頂部に2、3本毛を植える事により自然な毛の生え方を実現
頭の状態は、植毛された毛と既存の毛の見分けがつかない程
4. 毛髪培養や完全な発毛剤が実用化されるまで待てない人に有効



自毛植毛のデメリット

1. 根本的に髪の毛の絶対数は増えない


自毛植毛についての仕組み

はじめに自身の毛髪細胞であるドナーの採取をおこないます。

後頭部から採取した毛髪細胞を、ドナーを採取した部分を縫合します。

ドナーの採取時、縫合時は全く痛みはありません。

なおドナー採取において毛髪の薄い方でも1cm四方で約160本の毛髪が存在するため、どの方でもドナー採取は可能です。

毛穴単位まで株分けし、毛穴単位で自分の髪を植え込んでいきます。

採取されたドナーは、グラフト(=毛根を含んだ小さな皮膚片)に株分けされます。また、グラフトは、移植される場所に合わせて3つのサイズに分類します。

ドクターにより髪の毛の方向・グラフトのサイズに合わせて、専用ハンドピースを使用し、 移植部位の作成をします。株分けしたグラフトを作成した移植部位に、形・向きに注意し、移植用専用ハンドピースを使用しグラフトに手を触れることなく移植します。

すべての移植が終わり、最終チェックが終わるとドナー部分の圧迫を目的に鉢巻き状に包帯します。


自毛植毛を受ける条件

自毛植毛には、後頭部のドナーが必要です。

個人差がありますが、一般的には3、4回の植毛が可能で10000〜12000本が植毛出来ると言われています。なので、髪の毛が一本も無い方は植毛は不可能です。

また、血液が固まらない薬を服用してる方や固まらない体質の方は植毛手術を受けることが出来ません。また、ガンの薬の副作用や出産後の脱毛、び慢性型の脱毛、ストレス性の脱毛、アトピーによる脱毛、トリコリマチーには植毛の効果が期待出来ません。











[PR]東京都歯科医院検索サイト
内職求人のハローワーク
posted by becks at 06:00| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。