2006年07月16日

脱毛症への対処-1

1日1回こちらをクッリック!あなたに雪崩のごとく良き事が起こりますように!!

脱毛症への対処

脱毛症、特に男性型脱毛症は病気ではないため、対処するか否かは本人の嗜好次第です。

もし脱毛症が悩みとなり、二次的に重篤な影響を及ぼす可能性がある場合には、何らかの方法で対処するのも一つの選択肢です。

その場合、悩みを解決するために最適な方法は何かという観点から対処法を選択することが望ましいと思います。


剃髪

いわゆる[[スキンヘッド]]。

中途半端に毛髪が残るから悩むのだと考え、完全に毛髪を剃り落としてしまうことです。

一番シンプルで費用がかからず、他の方法のような二次的な難点が一切無いのが特徴です。

脱毛症の問題が見た目よりもむしろ本人の精神面にあることを思えば究極の解決方法とも言えます。

一方で
*頭の形が不格好だったり、頭皮に傷がある人はやりにくい
*頭部を保護する毛髪がなくなるので、頭皮を傷つけやすくなり、冬場は寒い
といった問題点もあります。


器具による対処



[[鬘|かつら]]は、人工毛または人毛によりヘアスタイルを作って、頭部に着用する器具のことです。

脱毛症の見た目の改善には絶大な威力を発揮し、全禿げの場合は唯一の対処手段であるが、以下のような問題があります。

*メンテナンスに多大な費用がかかる

:以下の理由により、かつらの維持費用は年間50万円程度と言われています。

:*かつらはオーダーメイドであるため、一つの製作に数十万円の費用がかかります。

:*かつらは磨耗するものです。通常、磨耗を防ぐため2個以上製作して交換しながら使用します。

:*磨耗が進むと、残っている髪の毛と整合が取れなくなるため、作り直す必要がある。そのため、かつらの寿命は2年間と言われています。

:*かつらの毛は伸びないが、残っている髪の毛は伸びる。そのためかつらとの整合が取れなくなるため、一般の理髪店より高額な専門の理髪店で整髪をする必要があります。


*かつら自体が悩みになる

:かつらにより見た目は改善されるが、かつらをしていることがバレるのではないかという別の悩みを抱え込むことになる。



増毛

増毛とは、残っている毛髪に人工毛を接着して、見た目の毛量を増やす施術のことです。

当然ながら、接着した毛髪が伸びれば人工毛を付け直さなければならないし、接着した毛髪が抜けてしまえば人工毛も抜けてしまうので、常にメンテナンスが必要です。

技術的には[[美容院]]や[[理容室]]で行われている[[ヘアーエクステンション]]と全く同じものであるが、脱毛者向けに営業しているヘアサロンが実施する増毛はヘアーエクステンションよりもはるかに高額な料金を設定していることも、一部では非難されています。











[PR]
東京都歯科医院検索サイト
専門学校スクール
posted by becks at 08:00| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。