2006年07月14日

女性にみられる脱毛症

1日1回こちらをクッリック!あなたに雪崩のごとく良き事が起こりますように!!

女性にみられる脱毛症


びまん性脱毛症

髪が均等の密度で頭の特定の場所ではなく、全体に抜けて薄くなります。

特に髪の分け目の皮膚が透けて見えるようになり、年齢的には、特に中年以降の女性に多い脱毛症です。

原因としては、老化・ストレス・極端なダイエット・過度のヘアケアが考えられます。


分娩後脱毛症

妊娠後期に成長期の毛髪の割合が増え、これが出産後に休止期に入るため、出産後しばらく抜け毛が多くなります。

産後6カ月ほどの授乳を終えるころには回復します。



牽引性脱毛症

ポニーテールや束髪など、毛髪が持続的に引っ張られる事によって発生する脱毛症です。

牽引が長期間に渡って持続した場合には回復しない事もありえますが、一般的には、髪型を変えることによって回復します。



■脱毛症の原因と対策■

脱毛症の原因

必要不可欠な理由があって身体に備わっている髪の毛だから、なくなるはずはないのですが、脱毛症に悩んでいる人は大勢います。

その原因は、次の4つであると言われています。

頭皮の汚れ、シャンプー回数の不足などにより頭皮の皮膚呼吸が困難になるため。

シャンプー剤の選択ミスや、間違った手入れによって引き起こされる頭皮の肌荒れ。

年をとるにつれて全身の新陳代謝力が低下し、そのために引き起こされる毛母細胞の栄養不足。

薬害の影響(サプリメントや美容食品の過剰摂取)。



間違ったシャンプー剤や手入れ

育毛や脱毛対策の解決方法を巷で目にしたり耳にしたりしますが、中には間違った方法が説明されていることがあります。

代表的な間違いは、皮脂が育毛を妨げているという認識です。

皮脂を全て洗い流してしまうほど強力なシャンプーが出回っており、成人ばかりか、少学生までが脱毛症を起こしているのが現実です。

しかし、皮脂とは肌や頭皮を、乾燥等のトラブルを防ぐために分泌される成分です。

洗浄力の強いシャンプーを、使用し続けると頭皮に肌荒れが起こり、脱毛症を発症させてしまうおそれがあります。


新陳代謝の低下で起きる毛母細胞の栄養不足

加齢とともに髪の毛が細くなっていくことや、おでこの生え際が後退していくことは、自然の摂理といえますが、この場合は、髪と頭皮に栄養補給を行う育毛剤を使用すれば、問題を回避することも可能です。

また、身体の栄養素が直接の原因ではなく、病気や怪我、ストレスにより脱毛症が現れる場合もあります。


薬害について

脱毛症やハゲの要因として近年高まっているのが、薬や健康食品などの摂取による脱毛です。

考えられるものとしましては、健康食品・サプリメント・プロテイン・皮膚科の薬・ハンドクリーム・美容食品などが挙げられます。

誤った使い方や過度な摂取は、身体機能を低下させ、そのため毛母細胞の衰弱につながり、頭皮に悪い影響を与えることがあります。


頭皮の汚れ

育毛に必要な条件は、酸素と栄養素です。頭皮が汚れで覆われると、皮膚呼吸が妨げられ、髪の毛を作り出す毛母細胞への酸素補給が不足します。

すると毛母細胞は次第に弱っていき、その結果、髪の毛が細くなったり、抜けたりします。

毛母細胞への酸素補給を妨げる頭皮の汚れは、脱毛症のもっとも大きな原因となります。











[PR]
東京都歯科医院検索サイト
メルマガアフィリエイトで儲けるブログ
posted by becks at 17:15| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。