2006年07月05日

脱毛症の種類

1日1回こちらをクッリック!あなたに雪崩のごとく良き事が起こりますように!!

脱毛症の種類


脱毛症に関しては、何歳から脱毛して髪が薄くなるのか人それぞれ違います。

若くして脱毛しだす人もいますし、まったく脱毛しない人もいます。


男性の場合、早い人は18歳前後から脱毛が始まることもあります。

また、20代から脱毛が進む人もいます。

30代後半から急激な脱毛が進むこともあり、年齢や進行のスピードにかなり幅があるようです。

遺伝のほか、ストレスや偏った食生活、不規則な生活などが続けば、若い年代からでも薄くなります。



脱毛症とは?

脱毛症(だつもうしょう)とは、本人が生えることを期待していた毛髪(主に過去に生えていた箇所の毛)が生えなくなった状態のことである。

通俗的には禿げ(はげ)と言われる。生理学的には、ヒトの頭髪の形状は年齢や個々人の個性により多様であり、こうあらねばならないという正解があるわけではない。故に脱毛症は、本人の期待の上にだけ成立する抽象的な概念である側面がある。


男性型脱毛症

男性の大半は加齢と共に多少なりとも前頭部と頭頂部の毛量が減少していく。
そのため、これは正常な生理的現象であるとし、病気としては扱われない。後述するような医学的対処も行われているが、医薬品は[[生活改善薬]]の一種であり、外科的手法は[[美容外科]]手術の一種である。

病気の治療ではないので健康保険は適用されない。

皮膚内の毛髪の形成部分が[[男性ホルモン]]である「テストステロン」の働きによって生まれる「ジヒドロ・テストステロン」という物質が毛髪の成長を妨げ、結果としてうぶ毛しか形成されなくなることによって起こるもので、毛髪自体が消滅しているわけではない。

人類の頭髪がなぜこのような特徴を持つのかは明らかにされていない。

男性型脱毛症が始まる年齢は人によってまちまちであり、早ければ10代後半から始まることもある。

20代までに始まる男性型脱毛症は'''若年性脱毛症'''として区別することがある。また、近年女性にも男性型脱毛症を発症する人が増えてきた。

'''女性の男性型脱毛症'''は頭頂部を中心に広い範囲が薄くなるもので、一般的な男性型脱毛症とは薄くなりかたは違うが、メカニズムは同じものである。

日本や韓国では、若ハゲは昔から軽蔑される風潮がある。特に近年はカツラ業界や育毛剤業界が盛んにテレビコマーシャルを流しており、若年性脱毛症を深刻な悩みの原因とする若い男性は多い。そのように人の劣等感を煽り立てて商売をするいわゆる[[コンプレックス産業]]のあり方を疑問視する声もある。


老人性脱毛症

人間は60歳を超えると、性差にかかわりなく髪の毛を含む体毛が薄くなっていく。

これを老人性脱毛症といい、男性型脱毛症と異なり頭部全体(さらには全身)にわたって毛の減少がある。進行には個人差があり、男性型脱毛症を併発することが多い。



円形脱毛症

円形脱毛症(えんけいだつもうしょう、通称:十円ハゲ)とは、頭に十円玉大の脱毛部分が出来る病気の事である。一般的に男性型脱毛症とは原因が違うため区別される事が多い。



脂漏性湿疹

マラセチア菌は誰にでも存在するといわれている真菌です。

この真菌が増殖すると皮膚に炎症を起こし、皮脂の分泌異常や、フケが増え、毛根部の活動が悪くなります。

そしてその炎症が悪化してしまうと毛髪の毛穴にまで波及して毛穴が毛根を保持できなくなり、脱毛を引き起こす恐れがあります。



脂漏性脱毛症

脂性の人は特に注意が必要です。古くなってはがれ落ちた皮膚と皮脂が毛穴を塞いでしまいます。

シャンプー剤の選び方とその正しい使い方、食事のバランスが重要です。



粃糖性脱毛症

乾燥したフケなどが、頭皮をおおい、脱毛を引き起こします。シャンプーの回数が少ない方やシャンプー剤が合わないことが原因の一つです。


トリコチロマニア

小学生くらいの子供の時に見られます。

精神的ストレスにより無意識のうちに髪の毛を引き抜いてしまう現象で、頭皮には異状ありません。

欲求不満や精神的不安定などが原因で、頭毛、眉毛など自分の毛髪を自ら引き抜くことによって生ずる脱毛症であり、発症の背景や誘因は発症年齢により異なります。

本人はもちろん、親や家族による心のケアが大切になります。



薬剤による脱毛症

抗癌剤による成長期脱毛です。高度のびまん性脱毛を起こします。抗癌剤以外の薬剤によっても脱毛の原因となることがあります。










[PR]
東京都歯科医院検索サイト
SEO対策でアクセスアップ
posted by becks at 06:38| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。